りそな銀行で住宅ローンを借り換えるとお得なのか?

マイナス金利政策によって、住宅ローンの金利も相場が低くなっている中、今まで支払って来たローンを継続するか?
それとも借り換えた方が良いのか?
悩む方も多くなっていると思います。
ただし、残りのローン年数や毎月の支払い額、もちろん金利の差によっては借り換える効果があまり無い場合もあるので、よく検討してから借り換える事が賢明だと言えるでしょう。
借り換える場合も、保証料や事務手数料、保証会社手数料等の諸経費がかかるので、ローンの残高や残りの年数が短いと、金利の差額での支払い額の差益が相殺されて得にならないのです。
目安としては、住宅ローンの残高が1,000万円以上で、残りの期間が10年以上で今の金利との差が1パーセント以上です。
ただし、銀行のプランによっては諸経費や繰り上げ返済手数料も違うので、一概にはこのような条件でも得になるとは限りません。

では、りそな銀行の借り換え住宅ローンはどうでしょうか?
先ず、りそな銀行が利用出来る人の条件はを挙げてみます。
保険料はりそな銀行が負担するのですが、団体信用生命保険に加入出来る方。
今の借り入れている住宅ローンを2年以上正常に返済している方。
給与所得者の場合、勤続年数が1年以上、給与所得者でない場合は勤続また営業年数が3年以上の方。
前年の税込年収が100万円以上の方。
満20歳以上70歳未満で最終返済時の年齢が満80歳未満の方。
以上が条件なので、独立して自営業をしたばかりでは難しいです。
また、年間返済額が税込年収の35パーセント以内での返済プランになるので、今の住宅ローンを数年返済している間に車等も含めた他のローンの返済額もあると、必然的に返済年数を増やす事になってきます。

プランは変動金利型、固定金利型、フラット35になっており、フラット35型は金利割引タイプと手数料割引タイプがあります。
事務手数料もネットプランだと安い設定のプランもあります。
変動金利型は金利が特に低いのですが、Web限定プランの固定金利(当初型)プランの10年固定金利プランは特に金利が低くお得です。
残りの今のローンが10年から15年程度で繰り上げ返済する目的の人にはお得です。
また、りそな銀行のプラン全体の特長として、保証料か事務手数料が不要になる事とWebでのプランだと保証会社手数料も安くなっていると言えます。
また、団体信用生命保険は金利をプラスすると、特定条件を満たす病気やケガになると、仮にその後仕事を続けていても保険金が支払われて住宅ローンが完済できるのです。

諸費用も比較的安く借り換えられるプランが充実しているので、今の借り入れ状況と比較しての検討をお勧めします。

住宅ローンの請負契約書はきちんと理解する事

ほとんど銀行やその他の業者では、住宅ローンを利用する際に請負契約書を実施しています。
ここで難しい事が非常に書かれているので、安易に契約するのではなく、慎重に意味を理解する事が大切です。
どうしても意味を理解する事ができない場合には、銀行やその他の業者に確認する事で詳しく教えてもらえる事がほとんどです。
ちゃんと意味を理解しないで請負契約書に対して、契約を行ってしまうとトラブルやアクシデントに発展しまう事も少なくありません。
悪質な業者で住宅ローンを利用してしまった場合には、面倒な状況に巻き込まれてしまう事も少なくありません。
安全に住宅ローンを選択する際にはどうしても必要な事になってくるので、面倒かもしれませんが正しく理解する事が求められてきます。
それほどまでに請負契約書は大切な役割を持っているので、慎重に契約する事ができれば、最悪な状況を事前に回避していく事も可能になります。
このように住宅ローンを利用する場合には、請負契約書を通して契約する事がほとんどになっています。
初めて見る方にとって、難しい事が色々と抱えている為困惑してしまう事も少なくないです。
そこで妥協するのではなく、ちゃんと意味を理解できるようにする事が大切です。

住宅ローンと離婚との関係性

住宅ローンといえば、長きに渡っての返済になるのが、一般的なケースといえます。
家庭環境の変化があったとしても、支払を続けなくてはいけないものであるということについては、取り立てて説明するほどもないほどに浸透しているといえます。
最近では、女性の地位が格段に向上しているということもあり、離婚する夫婦も増えており、話題が沸騰しています。離婚にかかわることなく、住宅ローンが残ることは周知の事実といえるでしょう。
一概にはいえませんが、銀行などの金融機関から住宅ローンを借りる際には、夫が申し込み契約者になります。
その後の返済についても、夫が責任を持って行うことになりますが、万一、妻との離婚が成立し、夫が家を出ることになった際も、特別な手続きをしない限りには、夫が支払を続けることになるのです。
支払を拒んだり、できなくなった場合については、当然ながら、その住宅を差し押さえなどされることになります。
現在では、このようなリスクがあることも見越して、自宅を購入することなく、賃貸住宅に住むという選択をする人も増えているのも現状といえます。
家族形態の変化や夫婦の役割分担などといったことが大きく変化を見せている今、改めてそのあり方が問われています。

住宅ローンで融資を受けられる人物の特徴

住宅ローンは他のローンとは違っており、高額なお金の融資を受ける事になります。
基本的には数百万から数千万単位の融資を受ける事になりますので、利用を検討している方は新党に検討しなくてはいけないです。
そこで銀行側とすれば、本当に返済能力がある人物なのか見極めないといけないです。
ここで返済能力が低い人物に投資を実施してしまうとお金が戻ってこない恐れがあります。
実際に返済能力が無くなってしまって、銀行側としては大きな損失を発生させている事も少なくありません。
そこで銀行側は住宅ローンの投資を実施しても問題ない人物を見極める事が最も重要になってきます。
安定した職業で仕事を行っていたり、一定以上の収入を確保している方は、住宅ローンの投資を受けられる事がほとんどです。
逆に職業にリスクが発生している方や著しく収入が少ない方の場合には、どうしても安定感が無いので住宅ローンを利用する事ができないかもしれません。
あくまで銀行によって投資を行ってくれるのかどうか違ってきます。
そこで一つの銀行にこだわるのではなく、いくつかの銀行で住宅ローンの申込を行って、投資を受ける事ができるのか工夫を行っていく事が求められてきます。

マンション売却に関する詳細記事です

マイホームの購入費用が気になる場合には、中古マンションがオススメとなっています。
リーズナブルな価格帯で販売されているので、低収入の方であっても買う事ができます。
住まいを買う際には住宅ローンを利用するのが一般的です。
住宅ローンの借り入れ金額は、支払った頭金によって違います。
頭金を多く支払う事の利点は、借りる現金を抑える事ができる点が挙げられます。
そのため、返済が容易となり借金の事でトラブルを抱える事がないです。
故に、マイホームを買う前にできるだけ多くの頭金を準備しておく必要があります。
住まいは長期間に渡って利用すると老朽化するので、マンション売却をする必要があります。
マンション売却をするといっても不動産業者によって買取価格が異なります。
そのため、マンション売却をする際には複数の不動産業者に見積もりをお願いする事が重要です。
これが、より高値で売る為の秘訣なので必ず実践しましょう。
壁紙や柱などの状態をチェックして、買取価格を提示してくれます。
買取価格に満足をする事ができたら、書類にサインをして住まいを手放します。
必ずお金が振り込まれているのかを確認する事が重要となっています。
住まいを売ったら新しい物件を買いましょう。

住宅ローンの贈与税を非課税にするには

住宅ローンを代理で親に支払ってもらう、と言うことがあります。
これは要するに贈与の一環になります。逆を言えば贈与税の対象でもあるわけです。
どこから住宅ローンの支払いのためのお金が出ているのか、というのがポイントであり、それをキッチリとしておいたほうがよいでしょう。
しかし、贈与税と言うのは、非課税枠もありますから、それに限定しておけばまったく問題ないです。
しかし、住宅ローンのみならず、すべてにおいての贈与になります。
そこだけは勘違いしないことが重要であるといえます。
非課税なのは、贈与税としては110万円です。
ですが、特別税制が作られている時期もあります。
そうした時には非課税の条件をよく確認することです。
大抵の場合は直系尊属からであるのが条件であり、同居などをしているのも条件に付与されている可能性が高いです。それが大きなポイントの一つになります。
この手の税制はよく変わることがあります。
少しでも相続財産があり、それが課税される可能性があるならば、こうした特別税制は利用したほうがよいでしょう。無駄とはいいませんが、課税されないのであれば、それにこしたことはなく、また適法ですから気に病む必要もない行為です。

兄弟間における住宅ローンの名義変更

諸事情によって兄弟間で、住宅ローンの名義変更を行おうと思っても、なかなか簡単に進まないので注意しましょう。例えば兄がずっと暮らす予定で住宅ローンを組んだけれども、転勤によって引っ越しを余儀なくされたので、一時的に同居していた弟がそこを継続して住むことにして、兄弟間の名義変更をしようと考えた、といったケースです。
しかし、住宅ローンはローンを組む時点で厳重な審査が行われているので、名義変更時にもそのような処理をしなければなりません。
例えば十分な収入があったとしても、こういった変更の陰に隠れた踏み倒しなど不正を働こうとする人間が潜んでいるため、なかなか認可されない可能性があります。
また兄弟とは言え、それまで支払った分のローンは、いわゆる「贈与」に該当する可能性が高いです。
五千万のローンで、一千万分を支払った段階で兄弟に引き継いだとすると、引き継いだ側は残りの四千万を支払います。
つまり一千万分の利益を得ているため、贈与とみなされて、金額に応じた税金の徴収対象となります。
安易に名義変更をしても結局デメリットが多くなるケースもありますので、ローンの名義を変更する以外の方法を検討することも必要でしょう。

住宅ローンの10年固定での比較

住宅ローンの10年固定での比較を銀行同士で考えると、やはりネットバンクなど人件費を節約出来る銀行が有利な金利での取引を行える様です。
固定金利も、現状ではかなり安く契約が行える事から中には1%を割る契約のものも存在している様です。
特に借り換えなどで条件を良くする事となれば、住宅ローンの10年固定を比較する事としても、かなり有利な条件で取引を行う事が出来ます。
色々な問題解決を行う流れとして、住宅ローンも銀行同士を比較して安い金利の条件や、繰り上げ返済の手数料が無料であったり団体信用保険が無料で加入出来るなど、好条件のローンも存在しています。
住宅ローンの10年固定で選ぶ流れとして、借り換えのケースでは借り換えの手数料も必要となり、そこで数十万円の手数料がかかる事もあります。
銀行によってこの手数料も異なり、手数料が多い所と契約をする事となれば、金利が安くても、その手数料を取り返すまでの期間がそれこそ返済の状況と照らし合わせるなど、シュミレーションを行う必要があります。
10年固定を比較しながら、有利な状況で借入を行える銀行を探す事もそこで最終的に数百万円もの手数料に差が付いたりする事も十分に考えられます。

不動産査定エージェントはネットで探そう

ご自宅を売却する時は、不動産査定エージェントが必要になります。
実際の不動産査定のエージェントのオフィスに行って、相談する方法もありますが、まずはインターネットで探してみましょう。
家の価格のことは普通の人にははっきり分かりません。
築年数や立地条件、交通の便などいろいろな条件を考慮に入れて、家の価格は決まります。
また不動産会社によって、売値は異なっています。
1つの業者しか知らないと、その業者の査定した価格でご自宅を売却してしまう恐れがあります。
良心的な値をつけてくれる業者だったら良いのですが、そうでないこともあります。
まずネットで不動産査定エージェントをいくつか探して、不動産査定エージェントごとの売値を確認しましょう。
そして、一番高くで売ってくれそうな業者に最終的に依頼するようにします。
いろいろな不動産サイトがあるので、その中でおよその売値が分かるところを探し出して、ご自宅の情報を入力します。
この時に個人情報を入力する必要はありません。
家のタイプや都道府県、市町村などを書き込むだけです。
それで自宅の大まかな値段が分かったら、不動産一括査定サイトを使います。
このタイプのサイトを使えば、どの業者が一番高く買い取ってくれるかすぐに分かります。

住宅ローンで税金滞納していると本審査通らない?

住宅ローンを金融機関に融資を行う際に、仮審査を行います。
仮審査でもしっかりと審査を行っていて、住宅ローンを利用する上で誰もが避けては通れない道となります。
初めてローンを組む方は「仮審査・本審査ってなんだろう」「どうしたら通るのだろう」と不安になると思います。又、中には税金納税を払っていない、税金滞納してしまっていると言う方もいると思います。
銀行は、融資の申請をされると、審査を行いますが、この時に申請者の収入・自動車ローンやクレジットカードの残債などを確認し、申請者の返済能力と信用情報それに伴い、毎月の返済が可能かどうかを審査します。
では税金や国民健康保険などは調べられるのでしょうか?
市民税・国民健康保険これらの税金滞納・国保滞納金が、審査に引っかかる事はありません。
税金や国保は信用情報とは違い税金は国や市で管理をしている個人情報に当たります。
住宅ローン審査では、信用情報は確認しますが、個人情報については、国や市に提示を求める事ができないために審査の基準に入る事はありません。
ただし、ありえない話ですが、仮審査時に自分から「私は税金滞納があります」「国保滞納金が発生してます」などと申請書と一緒に提出してしまうと、銀行が融資をしていいのかの判断になるので、絶対に個人情報は提示してはいけません。